27. [二次性白血病] 骨髄移植

2017年1月24日(火曜)の朝、ドナーとして前日から入院していた次男を手術室に送り出し、待つこと約2時間。全身麻酔した次男の腰骨から、予定通り650ミリの骨髄...

» 続きを読む

| | コメント (0)

26. [二次性白血病] 移植前処置

2017年1月24日に骨髄移植を行うことが決まり、そこからの逆算で前処置、検査の日程が組まれていくが、第2ブロックの化学療法から少し間が空くため、「第2.5ブロ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

25. [二次性白血病] PTCy(移植後シクロホスファミド)

移植のドナーが次男に決まり、スケジュールが固まってきた12月下旬、主治医から一般的な骨髄移植とはやや異なる方法を提案された。成育が中心になって実施している臨床試...

» 続きを読む

| | コメント (0)

24. [二次性白血病] HLA検査、骨髄ドナー決定

化学療法と並行して、造血幹細胞移植の準備として移植方法を決める必要がある。HLAが適合する者、あるいは適合度が高い者が家族にいれば、スケジュールをコントロールし...

» 続きを読む

| | コメント (0)

23. [二次性白血病] 寛解

2016年11月2日から化学療法を開始したが、胸の痛みと咳がひどく、全身の炎症反応が高いため、中心静脈カテーテルの留置手術は後回しにして、腕にカテーテルを入れて...

» 続きを読む

| | コメント (0)

22. 二次性白血病

長男の再発ALLの治療が小4の夏に終わってから2年が経ち、主治医からそろそろフォローアップ外来の頻度を3ヶ月おきから半年もしくは1年に空けようかと話が出ていた2...

» 続きを読む

| | コメント (0)

21. [ALL再発] POG9412維持療法

2013年8月22日(木)から始まった維持療法が、2014年8月12日(火)の最後の抗がん剤注射・点滴を以って終了した。その間ちょうど1年、このブログの闘病記は...

» 続きを読む

| | コメント (1)

20. [ALL再発] 放射線療法

2013年7月1日(月)から長男の放射線療法が始まった。このフェーズはプロトコル(POG9412)の第51週から54週にあたり、入院治療としては最後のものになる...

» 続きを読む

| | コメント (0)

19. [ALL再発] POG9412強化療法④

2013年1月7日(月)にスタートした再発ALL強化療法の第4フェーズが、約半年かけて6月19日(水)にようやく終了した。プロトコル(POG9412)には&qu...

» 続きを読む

| | コメント (0)

18. [ALL再発] POG9412強化療法③

2012年12月3日(月)の入院から、再発ALLの強化療法3フェーズ目がスタートした。プロトコール(POG9412)のスケジュール上、"Reinduc...

» 続きを読む

| | コメント (0)

17. [ALL再発] POG9412強化療法②

長男(小二)の再発白血病の治療は、2012年9月10日(月)から強化療法2フェーズ目に入り、今週12週目で無事終了した。進め方は、基本的に毎週月曜に入院して治療...

» 続きを読む

| | コメント (0)

16. [ALL再発] POG9412強化療法①

これからいわゆる地固め療法、あるいは強化療法が始まる。プロトコルは、小児白血病の中枢神経再発治療として成績が良いアメリカのPOG9412。6月半ばからの4週間の...

» 続きを読む

| | コメント (0)

15. [ALL再発] 二次寛解

2012年6月19日に検査入院し、ALLの髄外再発がほぼ確実なことから同時に治療が始まった長男だが、7月半ばには髄液検査で異常細胞が見られなくなり、無事寛解に達...

» 続きを読む

| | コメント (0)

14. ALL再発

残念なことに長男(7歳5か月)の白血病が再発してしまった。現時点(2012年7月1日)での診断は、「おそらく3年半前に発症した急性リンパ性白血病(ALL)の中枢...

» 続きを読む

| | コメント (1)

13. [急性リンパ性白血病] 維持療法終了

2011年10月21日(金)、処方されていた最後の抗がん剤を飲み、3年間に及んだ長男(6歳9ヶ月)の小児ALLの治療が終了した。そのうちこの2年間は、ロイケリン...

» 続きを読む

| | コメント (2)

12. [急性リンパ性白血病] 小学校入学

今春、長男が小学校に入学した。2008年11月の急性リンパ性白血病発症から2年半、一応まだ治療中(TCCSG/ALL-SR/維持療法)で、毎日内服薬を飲み3~4...

» 続きを読む

| | コメント (0)

11. [急性リンパ性白血病] 維持療法1年経過

今月の外来―2010年10月21日(木)は、長男(5歳9ヶ月)のALL維持療法が始まってちょうど1年。つまり治療終了まであと1年の折り返し地点。外来通院ではいつ...

» 続きを読む

| | コメント (1)

10. [急性リンパ性白血病] ハートリンク共済

6月13日(日)、財団法人がんの子供を守る会の定期総会が都内で開催された。さすがに子供達を連れていくわけにはいかないので、パパだけ参加してきた。しかしどちらかと...

» 続きを読む

| | コメント (0)

9. [急性リンパ性白血病] さらに増量

2009年3月11日(木)、外来で血液検査したら、白血球数がさらに増えて7,740/㎣になっていた。メソの増量はあまり効果がなかったのか?ロイケリンは50mgで...

» 続きを読む

| | コメント (0)

8. [急性リンパ性白血病] 薬の増量

昨年(2009年)10月からALLの維持療法に入った長男坊は、今年(2010年)1月から幼稚園に通い始め、そして無事5歳の誕生日を迎えることができた。元々保育園...

» 続きを読む

| | コメント (0)

7. [急性リンパ性白血病] 新型インフル予防接種

2009年11月17日(火)、息子達の新型インフルエンザのワクチン接種が無事に済んだ。維持療法中でまだ免疫力が低い状態の長男坊(4歳10ヶ月)は、「優先接種」だ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

6. [急性リンパ性白血病] 維持療法

2009年10月22日(木)から長男坊の「維持療法」が始まった。最初なのでロイケリン(メルカプトプリン)は標準量ということで一回分として33mg(ロイケリン散1...

» 続きを読む

| | コメント (0)

5. [急性リンパ性白血病] 最後の入院

2009年10月13日(火)は、1月から続いてきた強化療法の最終日、すなわち最後の入院だった。この日はオンコビンの静脈注射とロイナーゼの皮下注射、そして昼食後の...

» 続きを読む

| | コメント (1)

4. [急性リンパ性白血病] 染色体異常

話は前後するが、最初の骨髄穿刺から3週間ほど経った昨年12月20日頃、染色体・遺伝子検査の結果が出た。小児ALLの予後不良因子であるフィラデルフィア染色体(BC...

» 続きを読む

|

3. [急性リンパ性白血病] 強化療法

長男坊(4歳)の白血病治療は、寛解に達してからも強化療法と呼ばれる抗がん剤の多剤併用療法が約8か月続けられる。今(2009年6月)もその最中であるが、退院・自宅...

» 続きを読む

|

2. [急性リンパ性白血病] 寛解導入療法

寛解導入療法(TCCSG/ALL標準リスク)の投薬スケジュールは以下の通り。 プレドニン(プレドニゾロン): 初日から6週間、毎日3回(内服) オンコビン(ビン...

» 続きを読む

|

1. [急性リンパ性白血病] 緊急入院

長男坊の白血病(ALL)について記録に残しておこうと思う。 発端は昨年2008年の11月半ば、珍しく風邪が長引き、風邪が治っても顔色が悪いままで気分の起伏が激し...

» 続きを読む

|

«御岳山と羽村市動物公園